1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 被災児童の短冊も飾る、湘南ひらつか七夕まつり前夜祭/平塚

被災児童の短冊も飾る、湘南ひらつか七夕まつり前夜祭/平塚

社会 | 神奈川新聞 | 2011年7月7日(木) 21:06

七夕踊りを披露する平塚市立崇善小の1年生たち=平塚市紅谷町、紅谷町まちかど広場
七夕踊りを披露する平塚市立崇善小の1年生たち=平塚市紅谷町、紅谷町まちかど広場

8日に開幕する「湘南ひらつか七夕まつり」(10日まで)の前夜祭が7日、平塚市紅谷町の紅谷町まちかど広場で開かれた。「織り姫」の女性の紹介や市立崇善小の児童による七夕踊りで盛り上げたほか、宮城県石巻市の小学生と岩手県花巻市の避難所の被災者が寄せた短冊も飾った。

前夜祭は、力強い相州平塚七夕太鼓で幕開け。続いて、そろいの赤い腰ひもを付けた崇善小1年生約110人が平塚名物の七夕踊りを披露した。かわいらしい姿に詰めかけた観客から盛んな拍手が送られた。

保育園や学童クラブなど20団体から寄せられた「子ども飾り」の表彰式も行われ、金賞に山下学童保育、銀賞に吉沢保育園、銅賞に市立松原小PTA(1)が選ばれた。

被災地からの短冊は同日までに、石巻市の小学生から約4600枚、花巻市から約100枚が寄せられた。前夜祭では、このうち約2400枚を飾った。残りは翌日に掲出される。

【】

湘南ひらつか七夕まつりに関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング