1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. ライブで被災者支援、神大生らが六角橋商店街で義援金集め持参へ/横浜

ライブで被災者支援、神大生らが六角橋商店街で義援金集め持参へ/横浜

社会 | 神奈川新聞 | 2011年7月1日(金) 00:43

3日のライブに向けて準備する神大生ら=横浜市神奈川区の「ミュージックジャンプ」
3日のライブに向けて準備する神大生ら=横浜市神奈川区の「ミュージックジャンプ」

被災地に直接行って義援金を届けたい―。神奈川大学(横浜市神奈川区)の学生たちが、東日本大震災の被災者を支援するライブを3日、地元の六角橋商店街で開く。義援金を集め、部員が宮城県石巻市に直接持参する計画。「被災者の役に立ちたい」という学生の熱意に押され、商店街30店舗以上が協力する。

同大学の軽音楽部「ポピュラー音楽部」とサークル「N.M.K」のメンバーが企画。15のバンドが半日かけて演奏する。

軽音楽部OBの披岸(ひぎし)克哉さん(22)が4月、災害ボランティアで出向いた石巻の様子を部員に伝えたことがきっかけ。現部長の伊藤皓希さん(20)、会計の國井悠斗さん(20)らと企画を練った。同商店街にある行きつけの楽器店「ミュージックジャンプ」に話を持ち掛け、イベント機材を調達。他の店舗にも部員が足を運び協力を依頼した。

当日は商店街のイベント会場「ベラ」に募金箱を置き寄付を呼び掛ける。義援金は直接現地に届け、数日間滞在しボランティア活動もする。國井さんは「たまたまやっている音楽を通じて、自分たちにできる支援をやりたい」と練習に打ち込んでいた。午前11時半から。入場無料。

【】

ボランティアに関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング