1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 地元盛り上げ復興を応援、露店商らの慈善イベントにぎわう/横須賀

地元盛り上げ復興を応援、露店商らの慈善イベントにぎわう/横須賀

社会 | 神奈川新聞 | 2011年5月22日(日) 22:45

東日本大震災の復興を支援するチャリティーイベントが21、22の両日、京急線横須賀中央駅前周辺で開かれた。本来は恒例の下町祭礼が開催される予定だったが、震災の影響で中止に。「自粛ばかりしていては経済が回らず被災地を応援することもできない」。主催者は、まずは地元を盛り上げようとイベントを企画した。

地元の露天商らでつくる「横須賀イベント商業協同組合」の主催。同組合の呼び掛けに応じた横浜や川崎など市外の露天商も協力した。たこ焼き、お好み焼き、金魚やカメすくいなど約130店の模擬店ががずらりと並び、家族連れらでにぎわった。

主催者が震災発生から1週間後に仙台市宮城野区で撮影した写真約300枚を会場に展示。がれきに埋もれた被災地の様子を訪れた人々が見ていた。

売り上げの一部は、日本赤十字社を通じ被災地へ寄付する。次回は6月4、5日に西逸見町の鹿島神社で開催。同組合の角田隆次事務局長は「今後も継続して開催する。被災地の復興のため、たくさんの人に参加してほしい」と呼び掛けた。

【】

金魚に関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング