1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 高層住宅で大規模消防訓練、約300人参加し階段使い避難も/川崎

高層住宅で大規模消防訓練、約300人参加し階段使い避難も/川崎

社会 | 神奈川新聞 | 2011年5月22日(日) 22:15

マンション住民が下から見守る中で行われたヘリコプターによる救助訓練=川崎市幸区戸手
マンション住民が下から見守る中で行われたヘリコプターによる救助訓練=川崎市幸区戸手

川崎市幸区戸手の21階建てマンション「グラン・エステ川崎ツインタワー」(268世帯)で22日、大規模な消防訓練が行われた。マンションの住民と幸消防署員ら約300人が参加した。

訓練は11階から出火したとの想定で実施し、居住者が階段を使って外に避難した。消防隊の到着後は、はしご車やヘリコプターで住民を救助する訓練が行われたほか、送水管を使って屋上から放水する実験も行われた。

敷地内には、関東大震災や阪神大震災の揺れを体感できる起震車も設置、住民は想像以上の揺れの大きさに驚きの表情を浮かべた。

同消防署の築紫正義署長は「居住者のいる高層マンションで消防訓練が行われることはあまりなく、消防署にとっても貴重な訓練」と語り、住民で防火管理者の男性(72)は「震災の影響からか住民の関心が高かった。いつ災害が起こるか分からないので日ごろから防災意識を高めたい」と話していた。

【】

防災に関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング