1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. リアルな宇宙体験を、平塚市博物館が最新プラネタリウム投影機導入し公開へ/神奈川

リアルな宇宙体験を、平塚市博物館が最新プラネタリウム投影機導入し公開へ/神奈川

社会 | 神奈川新聞 | 2011年5月19日(木) 15:19

22年ぶりに更新されたプラネタリウム投影機=平塚市博物館
22年ぶりに更新されたプラネタリウム投影機=平塚市博物館

22年ぶりに最新機種が導入された平塚市博物館(同市浅間町)のプラネタリウムが18日、報道陣に公開された。継ぎ目のないスクリーンに4千万個の星がきらめくリアルな夜空を再現できる。鳫(がん)宏道館長は「地球を飛び出して宇宙空間を動き回るような体験も楽しめるようになった。宇宙の魅力を伝えたい」と話している。21日から一般公開が始まる。

新たに導入された投影機は日本製の「PANDORA(パンドラ)」。羽田空港国際線旅客ターミナルにある人気のプラネタリウムカフェと同機種で国内2番目という。

投影できる星の数は4千万個以上で、先代機種のG1014(ジーいちまるいちよん)の6500個を大幅に上回る。天の川もすべてが細かい星で表現され、より本物に近づいた。さらに太古からはるか未来までの惑星や太陽、月の位置を瞬時に映し出せるほか、高画質で映画などを上映できる。座席は70席に絞り、大人でもゆったりと座れる。通路幅を広げ、車椅子にも配慮した。総事業費は約1億円。

同館のプラネタリウムは3代目。G1014は21年間で投影回数は6千回以上、観覧者は市人口を超える28万人以上と長く活躍してきた。しかし老朽化が著しく昨年11月に引退。その後、今年4月再開を目標に改修してきたが、昨年12月にドーム裏からアスベスト(石綿)が見つかり、対策で再開が少し遅れていた。

オープン記念企画として昨年6月に地球に帰還した無人探索機「はやぶさ」の航跡をドラマチックに描いた映画を上映する。

問い合わせは同館電話0463(33)5111。平日は基本的に学校・団体専用(月曜休館)。観覧料200円(18歳未満、65歳以上は無料)。

【】


小惑星探査機「はやぶさ」の航跡を描いた映画の一場面
小惑星探査機「はやぶさ」の航跡を描いた映画の一場面

アスベストに関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング