1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 「おやじの会」のサポートで園児がタマネギ掘りに挑戦/小田原

「おやじの会」のサポートで園児がタマネギ掘りに挑戦/小田原

社会 | 神奈川新聞 | 2011年5月18日(水) 22:01

小田原市栢山の報徳保育園(英研三園長、園児116人)の園児たちが18日、タマネギ掘りに挑戦した。園近くに借りている畑で、同園「おやじの会」(志村武彦会長)メンバー8人に手伝ってもらって掘り起こした。

「子どもたちに収穫の体験を通じて、生き物の大切さを知ってもらいたい」(英園長)と、10年以上続いている。年長、年中、年小の各クラスに分かれて作業。男の子も女の子も力いっぱい茎の部分を引っ張り上げ、約千個を収穫した。

志村会長は「子どもたちは自分で取ってきた野菜は残さず食べる。この保育園は自然と接する機会が多くて、僕たちも喜んでいる」。タマネギは給食のおかずとして出されたほか、残りは各園児に配られた。同園では6月にジャガイモ収穫、秋に「サツマイモ掘りと焼き芋大会」を予定している。

【】

サツマイモに関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング