1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 「ハンカチの木」の白い葉が見頃、県立フラワーセンターで/鎌倉

「ハンカチの木」の白い葉が見頃、県立フラワーセンターで/鎌倉

社会 | 神奈川新聞 | 2011年5月4日(水) 14:42

「ハンカチの木」=鎌倉市、県立フラワーセンター大船植物園
「ハンカチの木」=鎌倉市、県立フラワーセンター大船植物園

県立フラワーセンター大船植物園(鎌倉市)で「ハンカチの木」が来園者の目を楽しませている。

中国原産のヌマミズキ科ハンカチノキ属の落葉高木で1属1種の珍しい植物。白い花びらのように見えるのは、花弁のない花を包む苞(ほう)と呼ばれる2枚の葉。初めは緑を帯び10センチ程度に成長すると白色になる。その名の通り、ハンカチの真ん中をつまんで、木につり下げたような姿。

「今年は咲くのが遅れ、ゴールデンウイークに見られるは珍しいです。天候にもよりますが、今週いっぱいは楽しめると思います」と同植物園。問い合わせは電話0467(46)2188。

【】

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング