1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 落下事故で閉鎖中のアスレチック施設が29日リニューアルオープン、相模原麻溝公園/神奈川

落下事故で閉鎖中のアスレチック施設が29日リニューアルオープン、相模原麻溝公園/神奈川

社会 | 神奈川新聞 | 2011年4月28日(木) 23:14

相模原市みどりの協会は、遊具での落下事故を受けて閉鎖していた市立相模原麻溝公園(南区麻溝台)のフィールドアスレチックを29日からリニューアルオープンさせる。

同施設では昨年9月、アスレチック施設に固定されていたロープが外れ、利用中の男性が約3メートル落下して重傷を負う事故が起きていた。

事故を受け、同協会は施設内の遊具全20基の検査と改修工事を実施。▽重大事故の未然防止のため、高さを2メートル以下に抑制▽丸太、ロープなどの交換▽利用者同士の接触防止のため、種目の見直し―などを行い、事故防止が図れない1基は撤去した。20基40種目だったアスレチックは、改修工事により19基25種目となった。

遊び方などを示した看板をカラー化。看板のイラストをより分かりやすく変更し、各遊具の利用上の注意も新たに表記した。

対象年齢は小学生以上。利用時間は午前9時から午後4時。5~9月は午後4時半まで。

同協会は「注意書きをよく読んだ上で、安全に遊んでもらいたい」としている。

【】

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング