1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 東日本大震災:米寿祝う会を取りやめ、救援金100万円寄託/横須賀

東日本大震災:米寿祝う会を取りやめ、救援金100万円寄託/横須賀

社会 | 神奈川新聞 | 2011年3月22日(火) 23:23

横須賀市小矢部の木村建設会長、木村重雄さん(88)が神奈川新聞横須賀支社を訪れ、東日本大震災の救援金として100万円を寄託した。

木村さんは今月26日に予定されていた米寿を祝う会で、これまでの人生を支えてくれた人たちに感謝の意を表すのを楽しみにしていた。しかし、大震災の発生を受けて開催を取りやめ、費用を被災者のために役立てることにした。

建設業を営む傍ら、半世紀余にわたり労働災害事故防止に尽力し、命の尊さを訴えてきた。「震災で多くの人が亡くなられ、今は国民が皆で助け合わなければならない時。元気を出してほしい」と話していた。

【】

労働災害に関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング