1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 国道134号の桜の木バッサリ、街路樹1本が無断で伐採/横須賀

国道134号の桜の木バッサリ、街路樹1本が無断で伐採/横須賀

社会 | 神奈川新聞 | 2011年3月10日(木) 20:27

伐採されて放置されていた桜の木
伐採されて放置されていた桜の木

横須賀市太田和の国道134号に植えられている桜の街路樹1本が無断で伐採された。道路を管理する県横須賀土木事務所は10日、悪質であるとして横須賀署に被害届を出した。

同事務所によると、桜の木は高さ3・5メートル。地面から約10センチの部分を、のこぎりのようなもので切られていた。伐採された木は近くに放置されていた。

8日夕、付近住民が伐採に気付き、同事務所に連絡した。横須賀署は器物損壊の疑いがあるとみて調べる。

【】

桜に関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング