1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 政令市への歩み伝え、記念誌発刊/相模原市

政令市への歩み伝え、記念誌発刊/相模原市

社会 | 神奈川新聞 | 2011年2月17日(木) 00:04

記念誌「政令指定都市へのあゆみ」
記念誌「政令指定都市へのあゆみ」

相模原市は16日までに、政令指定都市移行に関する記念誌「政令指定都市へのあゆみ」を発刊した。移行までの取り組み経過や記念事業、式典などを取り上げている。

記念誌は7章に分かれ、市のこれまでの歴史や旧津久井郡4町との合併、政令市移行に向けた県との協議、区名の決定、市議会の取り組み、市民説明会の状況などをまとめている。神奈川新聞など各紙の当時の記事も掲載している。

また、写真をふんだんに使い、記念式典の様子などを紹介。加山俊夫市長は「相模原市の足跡を振り返りつつ、移行までの経緯を後世に伝える歴史的資料として記念誌を作成した。政令市移行はゴールではなく、大いなる未来に向けたスタート」とコメントしている。

記念誌はB5判、210ページ。単色刷りで巻頭の8ページはカラー刷りとなっている。650部発刊し、市役所や区役所の行政資料コーナーなどに配布したほか、16日から1冊3050円で発売している。問い合わせは、市広域行政課電話042(769)8248。

【】

記念誌に関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング