1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 地元住民が130人が早咲き桜を植樹、県立観音崎公園で3種類30本を/横須賀

地元住民が130人が早咲き桜を植樹、県立観音崎公園で3種類30本を/横須賀

社会 | 神奈川新聞 | 2011年2月12日(土) 22:18

桜の苗木を丁寧に植える参加者たち=横須賀市鴨居の県立観音崎公園花の広場
桜の苗木を丁寧に植える参加者たち=横須賀市鴨居の県立観音崎公園花の広場

横須賀市鴨居の県立観音崎公園で12日、桜の苗木30本が植えられた。桜の名所を目指して、地元の鴨居地区連合町内会(約8400世帯)と同公園が昨年に次いで主催。地元住民ら約130人が参加し、3種類の早咲き桜を大切に植樹した。

同連合町内会が寄贈した苗木は樹齢1年で、河津桜、オカメザクラ、カンヒザクラの3種類。ソメイヨシノなどよりも早く、1月から3月上旬にかけて開花する。

各団体のメンバーはスコップを手に、公園中央部分の「花の広場」に7~10メートル間隔で苗木を植えていった。参加した男性(71)は「公園は孫との散歩コース。花が咲くのが楽しみです」と話していた。

あいにくの寒さとなった会場では、観音崎町内会が用意したおしるこが振る舞われ、参加者の体を温めていた。昨年も30本の桜を植樹しており、白岩貢連合町内会長は「観音崎が桜の名所になるよう、来年以降も取り組んでいきたい」と前向きだった。

【】

河津桜に関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング