1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 「なぜ薬物を」依存脱却に欠かせぬ視点

「なぜ薬物を」依存脱却に欠かせぬ視点

社会 | 神奈川新聞 | 2017年2月12日(日) 10:47

なぜ薬物が必要だったかを考える視点が重要だと語る小林さん=横浜市中区の県民ホール
なぜ薬物が必要だったかを考える視点が重要だと語る小林さん=横浜市中区の県民ホール

 著名人による覚醒剤所持事件などが相次ぎ、あらためて注目が集まる薬物。人はなぜ、危険なものだと分かっていながら手を出すのか。県立精神医療センター(横浜市港南区)の専門医療部長・小林桜児さん(46)は、従来の捉え方では説明がつかないと指摘。薬物依存症者の治療においては、「本人にとってなぜ、薬物が必要だったか」を考える視点が重要だと訴える。

 1月28日、薬物依存症者を抱える家族の会・横浜ひまわり家族会が開いたオープンセミナー。登壇した小林さんは、来場者に問い掛けた。「一度でも薬物を使うと、やめられない脳に変わってしまうのでしょうか」

 従来、依存症とは、依存症になりやすい遺伝子に、家庭などの環境要因が加わり、アルコールや薬物、ギャンブルなどから繰り返し快感を得るうちに、やめられない脳に変わると説明されてきた。

 小林さんの問い掛けは続く。「それならなぜ、脳の病気なのに、自助グループの集まりだけで治ることがあるのでしょうか」

□ ■ □ 
 会場で示された数々のデータのうち興味深いのは、小林さんが県内の中学2~3年生440人に実施したアンケート(2010~11年)の結果だ。「人に迷惑を掛けないなら薬物を使用しても良い」と回答した22人を細かく見ていくと「家族と話すのが好きではない」「近所の警官も自分のことなんか守ってくれない」「クラスの他の人たちも心の底から仲間だと信用できない」「学校で勉強に自信が持てない」と感じるなど共通の特徴があった。

 薬物に対する抵抗感の薄さはつまり、孤立と無力感のサインだと小林さんは推察する。「どうせ誰も助けてくれないなら、薬物に助けてもらったっていい」。生きづらさを感じる子どもたちの心の内が、垣間見える。

 注目すべきこんなデータもある。小児期

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

アルコール依存症に関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング