1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 連載「安保改定50年」など優秀賞、新聞労連が選定/神奈川

連載「安保改定50年」など優秀賞、新聞労連が選定/神奈川

社会 | 神奈川新聞 | 2011年1月17日(月) 17:35

新聞労連は14日、平和・民主主義の確立、言論・報道の自由などに貢献した記事や企画を表彰する「第15回新聞労連ジャーナリスト大賞」の優秀賞に神奈川新聞、沖縄タイムス、長崎新聞の合同企画「安保改定50年~米軍基地の現場から」を選んだと発表した。

同企画は昨年1月から6月まで計80回にわたる長期連載で、基地の現状とともに日米地位協定の問題点などに焦点を当てた。ルポライター鎌田慧さんらによる選考委員会が審査したもので、選考理由について「時宜を得た企画であり、内容も意欲的。新聞の力を示した」などとしている。

最優秀賞は、朝日新聞取材班による大阪地検特捜部の主任検事による押収資料改ざん事件のスクープと関連報道、琉球新報と高知新聞の沖縄基地問題に関する一連の報道の2件。

その他の受賞作品は次の通り。

【優秀賞】連載企画「ムラよ」(新潟日報)

【特別賞】「らせんの真実 冤罪・足利事件」(下野新聞)

【疋田桂一郎賞】「わたしらしく 車いすママの奮戦記」(沖縄タイムス・大濱照美さん)

【】

改ざんに関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング