1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 他人のIDなどでオンラインゲームに接続、会社員の男に罰金30万円/川崎

他人のIDなどでオンラインゲームに接続、会社員の男に罰金30万円/川崎

社会 | 神奈川新聞 | 2010年12月14日(火) 18:23

インターネットのオンラインゲームに、他人のIDやパスワードなどを使って接続したとして、川崎区検は14日、不正アクセス禁止法違反罪で、川崎市川崎区、会社員の男(29)を略式起訴し、川崎簡裁は同日、罰金30万円の略式命令を出した。

起訴状などによると、男は4月4日から6月26日までの間、東京都足立区の医療事務員の女(39)=起訴猶予=と共謀して、29回にわたって、藤沢市の男性(18)ら9人のパスワードなどを使って、オンラインゲームに不正に接続した、としている。

区検幹部は「同種自案と比較し、判断した。共謀者は関与の具合が低いことから起訴猶予とした」と処分理由を説明した。

【】

略式起訴に関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング