1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. キャンプ座間に隣接するマンションで窓ガラス割れる、ゴルフ場からボール飛び出しか/相模原市

キャンプ座間に隣接するマンションで窓ガラス割れる、ゴルフ場からボール飛び出しか/相模原市

社会 | 神奈川新聞 | 2010年12月10日(金) 23:43

相模原市は10日、在日米陸軍キャンプ座間のゴルフ場に隣接するマンションの窓ガラス1枚が、ゴルフボールによって割られたと発表した。けが人はなかった。市渉外課によると、ゴルフ場から飛び出した可能性もあり、米軍は原因の確認を行っているという。

窓ガラスを割られたのは、同市南区新磯野3丁目のマンション2階に住む無職男性の部屋。同課によると、9日午後から男性は家族で外出。同5時前に帰宅したところ、被害に気付いた。マンションは、高さ約35メートルの防球ネットと市道を挟んでゴルフ場と隣接しており、窓ガラスはゴルフ場の6番ホールに面しているという。

男性は10日、米軍と市に連絡。同課によると、米軍は同日、原因を調べるため男性方を訪問。ゴルフ場から飛び出した可能性もあることから、損害賠償など、適切な対応を国と進めていると、市に説明したという。市は同日、米軍と南関東防衛局に対し、原因究明とともに適切な対応を求めた。

市渉外課によると、ゴルフ場近隣では、2006年度から09年度までに計226個、10年度は今回の1個を含め14個のゴルフボールが見つかっている。米軍はこれまで防球ネットの延長工事などを実施。コースレイアウトの変更などを行っている。

【】

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング