1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 時代の正体〈374〉自治体の気概として 条例はなぜ必要か(上)

ヘイトスピーチ考 師岡康子弁護士
時代の正体〈374〉自治体の気概として 条例はなぜ必要か(上)

社会 | 神奈川新聞 | 2016年8月11日(木) 02:00

条例づくりの意義を語る師岡弁護士=川崎市川崎区のJAセレサみなみビル  ヘイトスピーチ対策に関する報告書づくりに取り組む川崎市の付属機関・市人権施策推進協議会の専門部会「多文化共生社会推進指針に関する部会」の2回目の審議が10日開かれた。ヘイトスピーチ問題に詳しい師岡康子弁護士を招き…

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

ヘイトスピーチに関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング