1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 欧米若手研究者と日本文化通じ交流 葉山・総研大

欧米若手研究者と日本文化通じ交流 葉山・総研大

社会 | 神奈川新聞 | 2016年6月15日(水) 02:00

昨年の総研大の日本文化紹介プログラム=葉山町の湘南国際村
昨年の総研大の日本文化紹介プログラム=葉山町の湘南国際村

 総合研究大学院大学の日本文化紹介プログラムが16日、葉山町の湘南国際村センター国際会議場で行われる。欧米の博士号取得前後の若手研究者と地元の人々が、茶道や折り紙、書道などを通じて交流する。

 独立行政法人日本学術振興会が夏期の2カ月間、研究者を国内の研究機関や大学などで受け入れるサマープログラムの一環。今年は115人が参加する予定。オリエンテーションとして日本語講座などを受講した後、文化交流を行う。

 午後7~8時。問い合わせは、同大学国際・社会連携課国際交流係電話046(858)1519。

国際交流に関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング