1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 自動車や艦船、乗り物大集合 横須賀でフェスタ

自動車や艦船、乗り物大集合 横須賀でフェスタ

社会 | 神奈川新聞 | 2016年6月12日(日) 02:00

工事用車両の運転席に座る親子連れ=横須賀保守基地
工事用車両の運転席に座る親子連れ=横須賀保守基地

 鉄道、自動車、艦船、ヘリコプターなど多彩な乗り物を楽しめるイベント「よこすかYYのりものフェスタ」が11日、横須賀市のJR横須賀駅、海上自衛隊横須賀地方総監部などを会場に始まった。晴天の下、乗車体験や艦船の一般公開などが行われ、親子連れやファンでにぎわった。12日まで。

 フェスタを記念した臨時列車がJR横須賀駅から大船駅まで、伊豆急行の「リゾート21・黒船電車」を使用して運行された。近くの横須賀保守基地では、線路のゆがみを修理する工事用車両「マルチプルタイタンパー」の車内が公開され見学者の長い列ができた。

 横浜市戸塚区から家族3人で訪れた会社員の重山弘之さん(34)は「珍しい車両の運転席に座れて満足」と話していた。

 横須賀地方総監部では、護衛艦「いずも」艦内とヘリコプターを一般公開。ヴェルニー公園、三笠公園でもイベントやグッズ販売が行われた。

 横須賀線開業120周年を記念して2009年度から始まり8回目。市観光協会が主催、JR東日本横浜支社、京浜急行電鉄、海自横須賀地方総監部などが協力している。

三笠に関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング