1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. ホームステイ体験 マレーシア修学旅行生

ホームステイ体験 マレーシア修学旅行生

社会 | 神奈川新聞 | 2016年6月2日(木) 10:14

修学旅行生とホストファミリーが対面した歓迎式=三浦市役所
修学旅行生とホストファミリーが対面した歓迎式=三浦市役所

 外国人観光客の誘致に注力している三浦市をマレーシアからの修学旅行生が訪れ、1日に歓迎式が同市役所で開かれた。市内で1泊し、各家庭での日常生活などを通じて日本文化を体験する。

 マレーシアからの修学旅行受け入れは、2014年から始まった。4回目となる今回はクアラルンプールにある「SMKダマンサラ・ジャヤ校」の14~17歳の男女21人が参加している。

 式で生徒らは、宿泊先のホストファミリーと対面。吉田英男市長が「三浦は自然も豊かで食べ物もおいしいので、2日間ゆっくりと過ごしてほしい」とあいさつ。公募などでホームステイ先に決まった市内の9家庭は、宗教やアレルギーに配慮した食事を提供する。

 生徒を代表してナズリンさん(15)とアイマンさん(15)が日本語も交えて「今までドラマや写真でしか知らなかった日本の家庭生活をこの一泊で感じることができる」と話した。一行は東京ディズニーシー(千葉県浦安市)やラゾーナ川崎(川崎市幸区)なども訪れ、4日に離日する予定。

 市では、アジアを中心に誘客活動を進めており、吉田市長は昨年7月にマレーシアとタイ、今年2月に台湾へ出向いてトップセールスを行った。

国際交流に関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング