1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 三菱電機が不起訴に 違法残業は「嫌疑不十分」

三菱電機が不起訴に 違法残業は「嫌疑不十分」

社会 | 神奈川新聞 | 2017年1月28日(土) 02:00

 入社1年目の男性社員に違法な長時間労働をさせたとして、電機メーカー大手「三菱電機」と当時の40代上司が労働基準法違反容疑で書類送検された事件で、横浜地検は27日、不起訴処分(嫌疑不十分)とした。「起訴に足る証拠の収集に至らなかった」とした。

 同法違反罪の成立には主に、労使協定で定められた労働時間の超過と、使用者が違法性を認識しつつ長時間労働をさせていた2点について証明が不可欠。地検は

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

長時間労働に関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング