1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 支援無く倒壊相次ぐ 連鎖地震~熊本の教訓(4)

支援無く倒壊相次ぐ 連鎖地震~熊本の教訓(4)

社会 | 神奈川新聞 | 2016年5月18日(水) 10:02

自宅以上に深刻な被害が出た周囲の状況を説明する松本さん =11日、熊本県益城町
自宅以上に深刻な被害が出た周囲の状況を説明する松本さん =11日、熊本県益城町

 「現実じゃない気がして悲しみもないよ」。ぺしゃんこになったわが家に視線を落とし、熊本県益城町の会社員松本陽一さん(58)がこぼす。避難所で暮らすが、「毎日、仕事帰りに見に来ちゃうんだ」。

 亡き父が残してくれた木造2階建て。最初に震度7を記録した4月14日の「前震」で傾き、2度目となった16日の「本震」で1階がつぶれた。「前震後に避難していなかったら即死だった」

 辛うじて命をつないだからといって、喜びに浸ることはない。「1カ月たっても心境は変わらない。心は空っぽのままだ」

 家が建てられたのは「30年ぐらい前」と記憶しているが、現行の新耐震基準か1981年5月以前の旧耐震基準かは分からない。少なくとも「耐震改修はしていないし、そんな方法は知らなかった」という。

 以前は藤沢市に住んでいた松本さんは今、途方に暮れる。「熊本は地震が少なく油断していた。こんなことになるなんて」

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

活断層に関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング