1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 高齢者安否確認 遺族と和解成立

ワタミの配食サービス
高齢者安否確認 遺族と和解成立

社会 | 神奈川新聞 | 2016年5月17日(火) 14:38

 1人暮らしの女性=当時(72)=が死亡したのは配食サービスの宅配担当者が安否確認を怠ったためとして、遺族がワタミグループの弁当宅配会社などに2200万円の損害賠償を求めた訴訟は16日、横浜地裁(大竹優子裁判長)で和解が成立した。内容は非公表。

 訴状によると、女性は2013年8月、横浜市内のマンションで死亡しているのが見つかった。遺族側は、契約していた弁当宅配会社の「安否確認サービス」で、死亡しているのが見つかった前日の宅配時、女性の応答がなかったのに担当者が安否確認を怠ったため女性を助けられなかった、と主張していた。

 ワタミは「和解内容についてはコメントできない」としている。現在は弁当宅配時の安否確認サービスは行っていないという。

 和解成立前、「安否確認を行うなら、社内の教育体制などをきちんと整えて行ってほしい」としていた遺族は、「母の無念が晴れたかと思うと疑問だが、和解で区切りをつけたい」と話した。

介護に関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング