1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 葉山・3人ひき逃げ初公判 危険運転認める

葉山・3人ひき逃げ初公判 危険運転認める

社会 | 神奈川新聞 | 2016年5月17日(火) 14:26

 葉山町の県道で昨年8月、海水浴客の列に乗用車が突っ込み3人が死傷したひき逃げ事件で、自動車運転処罰法違反(危険運転致死傷)と道交法違反(ひき逃げ)の罪に問われた男(20)=同町=の裁判員裁判の初公判が16日、横浜地裁(松田俊哉裁判長)で開かれた。被告は「間違いないです」と起訴内容を認めた。

 検察側は冒頭陳述で、男は事故前に海の家で飲酒し、友人3人を乗せてカーブを曲がりきれずに車を暴走させたと指摘。飲酒運転をごまかそうと、事故後に発泡酒を飲んだとし、出頭時には基準値を超えるアルコールが検出されたことを明かした。

 弁護側は「気が動転して逃げたが、偽装工作をしたことなどを被告は強く反省している」と説明。一方で、事故後に自宅まで運転して帰っているとして、「飲酒の影響は決定的ではない」とも主張した。

 起訴状によると、被告は昨年8月23日午後5時10分ごろ、制限速度40キロの右カーブを時速約78キロで乗用車を運転。路側帯にいた横浜市青葉区に住む女子大学生=当時(23)=をはね飛ばして死亡させたほか、20代と30代の男女に重傷を負わせたまま逃走した、とされる。

ひき逃げに関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング