1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 殺害容疑の母、鑑定留置決定 港北・2歳児遺体

殺害容疑の母、鑑定留置決定 港北・2歳児遺体

社会 | 神奈川新聞 | 2016年4月15日(金) 02:00

 横浜市港北区の共同住宅の一室で3月、男児(2)の遺体が見つかった事件で、横浜地検は14日、殺人容疑で逮捕、送検された母親(34)について、刑事責任能力を調べるため横浜地裁に鑑定留置を請求し、認められたと明らかにした。同日付で期間は約3カ月間。

 同容疑者は3月28日午後8時~29日午前7時ごろ、自宅で長男の首を絞めて殺害したとして、逮捕されていた。県警によると、長男の死因は頸部(けいぶ)圧迫による低酸素脳症だった。

 同容疑者は逮捕時、「子どもが生まれ、きちんと育児と家事を両立しようと思っていたが、自分が納得できるほどできなかった」などと供述、容疑を認めていた。

殺人容疑に関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング