1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. ヘイトデモで川崎市回答 市民団体に

ヘイトデモで川崎市回答 市民団体に

社会 | 神奈川新聞 | 2016年3月20日(日) 02:00

 川崎市は17日、市内で繰り返されているヘイトスピーチデモへの対処を求めていた市民団体の要望に対する回答を行った。

 市民団体は「『ヘイトスピーチを許さない』かわさき市民ネットワーク」。ヘイトデモ根絶に向けた行動計画の策定などを求めていた。

 回答は「市人権施策推進協議会などと情報共有や意見交換をしながら、今後の取り組みに生かしていく」というものにとどまった。併せて、国に法整備を求める要望を行ったことや「ヘイトスピーチを許さない」とPRする啓発映像をJR川崎駅の自由通路で流し始めたことを報告した。

 意見交換も行われ、「何がヘイトスピーチに当たるのか認定が難しい」とする市側に対し、同ネットワークのメンバーからは「第三者機関を設けてはどうか」「差別落書きについては市で記録し、差別かどうか判定している。同様の措置は取れるはずだ」といった声が上がった。

ヘイトスピーチに関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング