1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 姉弟死亡:逮捕の母、児相と市に相談

姉弟死亡:逮捕の母、児相と市に相談

社会 | 神奈川新聞 | 2016年2月14日(日) 02:00

 厚木市内では2014年5月、アパートに放置された男児の遺体が発見された虐待事件を教訓に防止策が強化された。県や市、学校などの関係機関が連携を進めて相談体制も拡充された。そんな中、また幼い命が犠牲になった。

 容疑者の母親は昨年12月、地元の県厚木児童相談所と市の相談窓口にそれぞれ電話を掛けている。いずれも、先月半ばに来所して担当者が話を聞く予定だったが、直前に断りの連絡があったという。

 児相では、母親から電話を受けた直後に学校側に問い合わせ、1月に入ってからも学校を訪問して「虐待など、明らかな問題は確認されなかった」などとして家庭訪問には進まず、様子を見ていたという。

 一方、市は13日、幹部による「市民の命と安全を守る連絡会議」を緊急開催してこれまでの対応を確認した。母親から市への電話は12、1月に計6回あったが、3人の子どもたちの定期健診や、1日に行われた次男の入学前説明会にも参加しており、担当者は「深刻なケースとしては捉えていなかった。結果として事件を防ぐことはできず残念」と話している。

こちらもおすすめ

不祥事に関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

ニュースに関するランキング

    アクセスランキング