1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 知事「イクボス」宣言 家庭生活と仕事の両立促す

知事「イクボス」宣言 家庭生活と仕事の両立促す

社会 | 神奈川新聞 | 2016年2月11日(木) 11:48

「イクボス宣言」した黒岩祐治知事と県幹部職員=県庁
「イクボス宣言」した黒岩祐治知事と県幹部職員=県庁

 黒岩祐治知事と県幹部職員は10日、管理職(ボス)が部下の育児休暇の取得などを促す「イクボス」宣言をした。今後、家庭生活と仕事を両立できるような職場環境づくりに努める。

 イクボスとは、部下のワークライフバランスを考え、その人のキャリアを応援しながら、組織として結果を出すことのできる上司を指す。

 県では女性職員はほぼ全員が育児休暇を取得しているものの、男性職員では約2%にとどまるため、イクボスを増やすことで、子育てや介護をしながら仕事ができる環境を整える。

 黒岩知事は「育児休業や休暇取得促進に積極的に取り組み、子育てや介護をしながら生き生きと活躍できる職場を実現する『イクボス』になる」と宣言。幹部職員もそれぞれ「すべての職員が明るく仕事できる職場を実現する」などの宣言を掲げた。

 知事は「上司が宣言することで、職員に大きな影響が出てくる。休暇をとって当たり前という環境が進むと思う」と期待した。今後、県内企業にも働きかけていくという。

イクメンに関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング