1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 中高生の本音聞かせて 青少年指導員と懇談 

中高生の本音聞かせて 青少年指導員と懇談 

社会 | 神奈川新聞 | 2016年2月9日(火) 15:45

青少年指導員との懇談で意見を述べる中高校生ら=三浦市南下浦市民センター
青少年指導員との懇談で意見を述べる中高校生ら=三浦市南下浦市民センター

 三浦市内の中学生、高校生と青少年指導員の懇談会が6日、同市南下浦町上宮田の南下浦市民センターで開かれた。市青少年指導員連絡協議会と市教育委員会が、生徒の興味や不安などを聞き、今後の活動に役立てようと企画。市内の中学校と高校の計5校から16人が参加した。

 参加者は3班に分かれ、地域の活性化についての考えや、スマートフォンの利用状況などについて意見交換し、最後に全体会で発表した。

 活性化をテーマに話し合ったグループでは、男子中学生が「観光客が来たくなるような有名なものがほしい」と発言。女子高校生は「関係者同士のコミュニケーションが取れないから、活性化につながっていないのかな」と思いを語った。

 スマホや携帯電話について、女子高校生は「財布よりも、忘れてはいけない大事なもの」と現状を紹介。「授業中にスマホを見ている人がいたり、悪口などの情報がすぐに拡散したりする。便利だけれども、もう一度使い方を考えた方がいい」などと考えを述べていた。

中高生に関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング