1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 将来、共同研究を タイ名門大と交流協定

東海大医学部
将来、共同研究を タイ名門大と交流協定

社会 | 神奈川新聞 | 2016年2月9日(火) 10:16

交流協定を結ぶチュラロンコン大と東海大の関係者(同大提供)
交流協定を結ぶチュラロンコン大と東海大の関係者(同大提供)

 東海大学医学部(伊勢原市下糟屋)はこのほど、タイのチュラロンコン大学医学部と交流協定を締結した。東海大医学部が同様の協定をアジアの大学と結ぶのは初めて。2017年度から学生の交換留学を始め、将来の共同研究を目指す。

 協定で両校は毎年、学生2人を臨床実習のため、数週間単位で受け入れる。東海大では特にドクターヘリなど先進的な救急医療の取り組みを学ばせるという。また、将来の共同研究実現のため、両校で協同で会議を開き、テーマなどを考える。

 もともと東海大はタイの公衆衛生省と協定を結び、途上国の医療を学ばせるために学生を派遣する一方、現地の医師や研究者を研修で受け入れている。今回は同省からチュラロンコン大を紹介され、今年1月に締結した。

 チュラロンコン大は1917年に設立され、同国で最も歴史が古い名門。医学部も47年に設置され、5千人以上の医師を育てた実績がある。

 東海大医学部は「チュラロンコン大はタイでトップクラスと評価されており、協定は双方に大きなメリットをもたらす」と話している。

国際交流に関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング