1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 今、なぜイクボス?(下) 生産性高める工夫を

今、なぜイクボス?(下) 生産性高める工夫を

社会 | 神奈川新聞 | 2016年2月3日(水) 13:02

イクボス中小企業同盟に加盟するグランコーヨーの大庭代表(右) =横浜市保土ケ谷区
イクボス中小企業同盟に加盟するグランコーヨーの大庭代表(右) =横浜市保土ケ谷区

 部下のワークライフバランス(仕事と家庭の両立)を応援しながら、組織としての成果を追求する新たな上司像「イクボス」。その普及に努めるNPO法人ファザーリング・ジャパン(東京)の取り組みの一つに、企業ネットワークの形成がある。

 銀行や私鉄、生命保険会社など、大企業を中心に構成する「イクボス企業同盟」(昨年12月28日現在、46社加盟)と、「イクボス中小企業同盟」(同、35社加盟)がそれだ。

 いずれもイクボスの必要性を認識する企業が連携、情報やノウハウを共有するとともに社会に対し、長時間労働の是正や多様性のある働き方を提唱している。

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

イクメンに関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング