1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 「文化財を守れ」消防訓練

「文化財を守れ」消防訓練

社会 | 神奈川新聞 | 2016年1月24日(日) 02:00

出火を想定し消防団や消防署員が、放水や救出の訓練を行った=横浜市金沢区
出火を想定し消防団や消防署員が、放水や救出の訓練を行った=横浜市金沢区

 文化財防火デー(26日)を前に、横浜市金沢区の市指定文化財である旧伊藤博文金沢別邸で23日、消防訓練が行われた。金沢消防署員や消防団員、地域住民ら約70人が参加し、文化財を守る意識を高め、連携の態勢を確認した。

 訓練は、同別邸(木造平屋建て)の客間から出火したとの想定。同別邸職員が来場者の避難誘導や初期消火に努め、消防団員や消防署員がけが人の救出や放水にあたった。

 同署によると、区内には17カ所計85件の国や県、市の指定文化財があり、市内で最多という。小出健署長は参加者に「いち早く発見、通報をして客を避難させ、貴重な文化財を後世に残してほしい」と呼び掛けた。

 文化財防火デーは、1949年1月26日に奈良県の法隆寺金堂壁画が焼損したことから、55年に定められた。

減災に関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング