1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 港北・老人ホーム殺人 「金銭面で悲観」 夫が動機を供述

港北・老人ホーム殺人 「金銭面で悲観」 夫が動機を供述

社会 | 神奈川新聞 | 2016年1月14日(木) 02:00

 横浜市港北区の介護付き有料老人ホームに入居していた妻(93)が夫(93)に首を絞められ死亡した事件で、殺人の疑いで現行犯逮捕された無職の夫が、「金銭的に将来を悲観して首を絞めた」と動機を供述していることが13日、分かった。港北署は事件に至った経緯を詳しく調べている。

 同署は同日、司法解剖の結果、妻の死因は首を圧迫されたことによる窒息死だったと発表した。

 同署によると、2人は昨年12月22日にそろってホームへ入居し、同じ部屋を利用。同容疑者は今月10日午前7時40分ごろから同8時50分ごろまでの間、妻の首を絞めるなどして殺害した、としている。

介護に関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング