1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 小泉元首相「原発ゼロいける」 川崎で講演

小泉元首相「原発ゼロいける」 川崎で講演

社会 | 神奈川新聞 | 2015年12月8日(火) 03:00

講演する小泉元首相=川崎市川崎区
講演する小泉元首相=川崎市川崎区

 小泉純一郎元首相は7日、川崎市内で講演し、原発について「2年間近く原発ゼロでも、暑い夏にも寒い冬にも停電は起こらなかった。今まで5年間、2基しか動いていないのだからゼロでもやっていける」と訴えた。

 さらに「推進派は原油の輸入による貿易赤字が国家の損失というが、赤字も黒字もあるのが貿易収支。原発事故で住めなくなることの方が国家の損失だ」と指摘した。

 2016年度からの電力の自由化に関して「国民は安い電源を使うようになる。一方で原発は政府が支援しなければもたないという主張さえある」と説明。「かつて専門家から安全でコストが安く、クリーンエネルギーだと説明された。私も勉強して分かったが、全部うそだ」と批判し、再生可能エネルギーへの転換を主張した。

 川崎は中選挙区時代の小泉氏の地盤で、講演は川崎商工会議所商業部会が主催。「日本の歩むべき道」と題し、約200人が参加した。

脱原発1に関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング