1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. コース上の車両に遺体 湘南国際マラソン

コース上の車両に遺体 湘南国際マラソン

社会 | 神奈川新聞 | 2015年12月7日(月) 03:00

 6日午前8時20分ごろ、大磯町国府本郷の西湘バイパス下り線の非常駐車帯に停車中の軽乗用車内で、40代の男性が死亡しているのを県警第2交通機動隊員が見つけた。車内から硫化水素が検出され、大磯署は自殺とみて調べている。

 同署によると、この日は湘南国際マラソンの開催日で、同バイパスはコースとなっていた。隊員は開催準備で交通規制開始前にコース上に止まっている車両に移動を呼び掛けるなどしていた。

 実行委員会によると、大会にはフルマラソンや10キロレースなどの部門があり、県内外の男女計約2万3800人が申し込んだ。車両撤去のため、スタートを遅らせたり、走るのを中断させたりした。

遺体に関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング