1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. ゲストハウスに泊まってって 三崎

ゲストハウスに泊まってって 三崎

社会 | 神奈川新聞 | 2015年11月11日(水) 13:08

古民家での宿泊イベントでくつろぐ参加者ら =三浦市三崎町諸磯
古民家での宿泊イベントでくつろぐ参加者ら =三浦市三崎町諸磯

 若者に人気のある安価な宿泊施設「ゲストハウス」の営業に向けた動きが、三浦市・三崎地区で出始めている。三崎港前に10月半ばにオープン、諸磯の海辺近くでも開業準備が進められている。都心に近い観光地として日帰り客が多い中、地元に残る歴史的な建造物や古民家を活用した宿に滞在し、ゆっくりと町の雰囲気を味わってもらう狙いだ。

■老舗酒店改装



 ゲストハウスは食事なしの素泊まり、比較的安価な料金で利用できるのが特徴。キッチンや風呂、トイレが共用で、相部屋などが多い。京都などの観光地で人気を集めている。

 不動産コンサルタント会社を営む三浦市在住の倉橋隆行さん(57)は、三崎港前の中心地に所有する老舗酒店の母屋2階と隣接する蔵を改装して開業した。

 母屋は昭和初期の建築。石積みの蔵はそれぞれ明治期のものと、80年~100年ほど前の建造だという。「一般のゲストハウスとは少し違うが、母屋2階の宿泊は1日1組限定で」と客を受け入れ始めた。蔵も近くオープンさせる。

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

古民家に関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング