1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 有力情報なく半年 湯河原の殺人放火事件

有力情報なく半年 湯河原の殺人放火事件

社会 | 神奈川新聞 | 2015年10月22日(木) 03:00

 湯河原町で4月、民家の焼け跡から額に包丁が刺さった住人の女性(66)の遺体が見つかった殺人・放火事件は21日、発生から半年を迎えた。小田原署捜査本部は延べ7837人の捜査員を投入しているが、現時点で容疑者の特定につながる有力情報は得られていない。

 捜査本部は周辺住民ら延べ5170世帯、6422人への聞き込み捜査を重ねるとともに、103カ所の防犯カメラ映像を解析。20、21の両日には午前5時半から約1時間、現場に近いJR湯河原駅ホームで捜査員が乗客約100人に聞き込みを行った。

 事件は4月21日午前6時ごろ、同町宮下の民家の焼け跡から額に深く包丁が刺さった状態の女性が見つかった。死亡推定時刻の同日午前5時ごろには、近くの防犯カメラに女性宅の玄関から同駅方向に向かう不審な人物が写っていた。

 情報提供は、小田原署捜査本部電話0465(32)0110。

殺人に関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング