1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 器物損壊事件で誤認逮捕

器物損壊事件で誤認逮捕

社会 | 神奈川新聞 | 2015年10月15日(木) 18:20

 県警捜査1課と県警刑事総務課、川崎臨港署は15日、同署が14日夜に器物損壊容疑で逮捕した男性会社員(24)=川崎市川崎区=について、誤認逮捕だったとして約5時間半後に釈放した、と発表した。

 捜査1課などによると、14日午後9時15分ごろ、同区観音2丁目のコンビニで窓ガラスが割られる事件が発生。駆けつけた同署員が、居合わせた男性に事情を聴いたところ犯行を認めたため、同容疑で現行犯逮捕した。

 しかし、男性は署内での取り調べで容疑を否認。防犯カメラを確認したところ、別の男の犯行だったことが判明した。同課などは15日、建造物損壊の疑いで、会社員の男(35)=同区四谷上町=を逮捕。男性は「先輩をかばいたかった」と話している。

 県警は「今後このようなことがないよう指導を徹底し再発防止に努めたい」とコメントした。

誤認逮捕に関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング