1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 搬送病院誤り救急車が遅延 相模原市、患者の命に別条なし

搬送病院誤り救急車が遅延 相模原市、患者の命に別条なし

社会 | 神奈川新聞 | 2015年10月6日(火) 03:00

 相模原市は5日、救急搬送中の救急車が搬送依頼先を誤り、連絡していない病院に搬送したため、本来の病院への到着が遅れたと発表した。市によると、患者の生命に別条はないという。

 市によると、市消防局南消防署大沼分署の救急車が、4日夜に同市中央区の男子高校生を同区内の病院に運んだが、東京都八王子市内の別の病院に誤って搬送の連絡をしていたことが判明。24分後に誤って連絡した病院に搬送し直した。

 救急隊長が患者の収容を依頼する際、救急車備え付けの携帯電話に登録されていた似た名前の病院に電話をかけたのが原因という。相模原市消防局では、9月にも職員のミスで救急車の到着遅れが起きている。

不祥事に関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング