1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 県内で約2100戸が一時停電

川崎では足場崩れる
県内で約2100戸が一時停電

社会 | 神奈川新聞 | 2015年10月2日(金) 09:43

 急速に発達した「爆弾低気圧」による強風の影響で、2日未明から県内各地で約2100戸が停電した。
 
 東京電力によると、箱根町仙石原で樹木の枝が触れて電線が切断、周囲の約1100戸が停電した。川崎市高津区では、市立東橘中学校の解体工事現場の足場が電柱に倒れかかって電線が切れ、周囲の約1000戸が停電。山北町では、強風で電線が切れた影響で6戸が停電した。
 
 各地区の停電は、午後12時半までに、全て復旧した。

強風に関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング