1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 温地研の現場から<25>研究成果を発信還元

温地研の現場から<25>研究成果を発信還元

社会 | 神奈川新聞 | 2015年9月18日(金) 10:22

昨年開催した平成26年度温泉地学研究所研究成果発表会の様子
昨年開催した平成26年度温泉地学研究所研究成果発表会の様子

 温地研は、県民の生活や県土の豊かな自然資源を守る役割を持つ研究所だ。地震・火山・地質分野の研究成果は、箱根山を含む県西部地域の地震・火山活動のメカニズムを解明し、防災に役立てることで、県民生活の安全・安心に貢献する。

 また、温泉・地下水分野の研究成果は、県土の自然資源の保全につながり、県内産業の育成・保護に貢献する。そして、これら分野の研究成果や得られた知見・情報は、さまざまな方法で所外に発信し還元を図っている。

 例えば、当研究所ホームページでは、県全域および箱根地域における地震の発生状況を準リアルタイムで見られるようにするなど、観測結果を常時公開している。また、所内に展示コーナーを設け、自由に見学できるようにしているほか、シンポジウム、防災フェアなどの各種イベントに参加して講演や展示・実験を行うなど、アウトリーチ活動にも積極的に取り組んでいる。そして、例年、小田原市内で開催している研究成果発表会には、県の内外から多くの方々に来ていただき、好評を得ている。

 まだまだ力不足の点はあろうが、今後も県民ほか、多くの皆さまに研究成果を還元できるよう努めていきたい。
(温泉地学研究所 研究課長・竹中 潤)

 =毎週金曜日掲載

こちらもおすすめ

温地研の現場からに関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

ニュースに関するランキング

    アクセスランキング