1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 坂本弁護士一家 遺体発見20年 同僚ら祈る冥福

坂本弁護士一家 遺体発見20年 同僚ら祈る冥福

社会 | 神奈川新聞 | 2015年9月6日(日) 03:00

節目の年に坂本堤弁護士の慰霊塔を訪れ、思いを新たにする同僚弁護士ら=5日午前、新潟県上越市の大毛無山
節目の年に坂本堤弁護士の慰霊塔を訪れ、思いを新たにする同僚弁護士ら=5日午前、新潟県上越市の大毛無山

 1989年にオウム真理教幹部らに殺害された坂本堤弁護士=当時(33)=と妻都子(さとこ)さん=同(29)=の遺体発見から6日で20年になるのを前に、同僚弁護士らが5日、新潟県と富山県の発見現場を訪れ、あらためて冥福を祈った。

 参加したのは坂本さんの救出活動に関わった横浜弁護士会の弁護士ら17人。午前中に坂本さんが見つかった新潟県上越市の大毛無山(おおげなしやま)の山中を訪問。午後には妻都子さんが埋められていた富山県魚津市を訪れ、慰霊碑に手を合わせたり花を手向けたりした。6日には長男龍彦ちゃん=同(1)=の遺体が見つかった長野県大町市を訪れる。

 自らも教団に襲撃された滝本太郎弁護士(58)は「形は変わったが、教団は残っている。オウムの信者をゼロにして、初めて坂本に報告できる」と語った。

 同僚らは毎年9月に現場を訪問。今年は弁護士に対する業務妨害の防止に取り組む東京弁護士会の若手弁護士も参加した。

◆坂本弁護士一家殺害事件
 オウム真理教がまだほとんど知られていなかった1989年11月4日未明、その反社会性に気づいて信者脱会支援などに取り組んでいた坂本堤弁護士が、妻都子さん、長男龍彦ちゃんとともに横浜市磯子区の自宅アパートで殺害された。

 地下鉄サリン事件などを経て5年10カ月後の95年9月6日、坂本さんが新潟県大毛無山で、都子さんは富山県僧ケ岳で遺体で発見された。龍彦ちゃんは4日後に長野県の湿地帯で見つかった。

 確定判決によると、一家殺害は坂本さんの活動を排除するため教祖の松本智津夫死刑囚(教祖名麻原彰晃)が指示し、教団幹部ら6人が実行した。後に刺殺された1人を除く5人全員の死刑判決が確定している。


坂本堤弁護士一家
坂本堤弁護士一家

坂本弁護士一家の遺体発見場所
坂本弁護士一家の遺体発見場所

オウム真理教(アレフ、アーレフ、Aleph)に関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング