1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 【速報】偽イクメン…育休など不正取得 川崎市職員

【速報】偽イクメン…育休など不正取得 川崎市職員

社会 | 神奈川新聞 | 2015年9月2日(水) 14:13

 父子家庭と偽って児童手当を不正受給するなどしたとして、川崎市は2日、上下水道局の主任の男性事務職員(46)を懲戒免職処分とし、詐欺容疑で県警に告訴した。
 発表によると、同職員は子どもと別居し子育てをしていないにもかかわらず、昨年1月17日から今年3月27日までの1年2カ月間、育児休業を不正に取得。同期間に共済組合から育児休業手当金(約159万円)を不正に受給し、共済掛け金の徴収を免れた。さらに、昨年2~9月分の児童手当計12万円を不正に受給したという。
 同市によると、同職員は一昨年9月に同居の女性との間に女児が生まれたが、昨年1月から別居していた。しかし同3月に子の住民票を自分の住所に移し、「父子家庭」と虚偽の申告をしていたという。
 児童手当の不正受給について同市は1日、県警に告訴状を提出した。
 市によると同職員は「虚偽はない」と否定しているという。

不正受給に関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング