1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 平和学習の歩みたどる 真鶴で資料展示や講演会

平和学習の歩みたどる 真鶴で資料展示や講演会

社会 | 神奈川新聞 | 2015年8月15日(土) 03:00

赤紙のレプリカや地域住民の体験談などの資料が並ぶ=真鶴町真鶴の真鶴地域情報センター
赤紙のレプリカや地域住民の体験談などの資料が並ぶ=真鶴町真鶴の真鶴地域情報センター

 太平洋戦争の資料や原爆に関する写真パネルなどを集めた「真鶴町非核平和都市宣言30周年を記念する平和祭」が、真鶴町真鶴の真鶴地域情報センターで開かれている。最終日の16日には町内の戦争経験者が疎開体験などを語るイベントも予定されている。地域住民有志の主催。

 会場には広島・長崎への原爆投下に関する写真パネルや当時の新聞記事、「赤紙」のレプリカなど100点を超える資料が並ぶ。20~30年前に住民や子どもたちが作製した戦争関連の文集などでは、地域の平和学習の歩みをたどることができる。

 入場無料。午前10時~午後5時。16日のイベントは同1時半から同センターで、80代の町民3人が体験を語る。

戦後70年に関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング