1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 核なき世界を(1)あの日から70年、「非人道性」を叫ぶ

核と平和 2015
核なき世界を(1)あの日から70年、「非人道性」を叫ぶ

社会 | 神奈川新聞 | 2015年8月6日(木) 09:57

 70周年を迎える原爆忌。安全保障論議がひときわ熱を帯びるこの夏、「核なき世界」に向けて、どんな思いをかみしめるのか。神奈川の被爆者や関係者の声に耳を傾ける。


 訪米先で、現地の中学生から尋ねられた。

 「米国を憎んでいませんか?」

 10年前の渡米で講演した際には「リメンバー・パールハーバー」と言われたのに-。時代の流れを感じながら県原爆被災者の会会長、中村雄子(83)=平塚市=は答えた。

 「報復は考えない。報復は連鎖を生む。米国には謝ってほしいが、皆さんに憎しみはない」

 4月、米ニューヨークで開かれていた核拡散防止条約(NPT)再検討会議に合わせた渡米。「ヒバクシャ」の実相を世界に訴える旅は今年も続いた。「12、13歳の子どもたちが、あんな形で死ななければならなかった。再び子どもたちを被爆者にしてはいけない」

 その信念には、自身も13歳だったあの夏の体験が根差す。

いつもの日常が

 女学校の2年生だった。学徒動員で、爆心地から…

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題。詳しくはこちら

戦後70年に関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング