1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 新幹線放火:動機は生活苦か 年金に不満「手元残らぬ」

新幹線放火:動機は生活苦か 年金に不満「手元残らぬ」

社会 | 神奈川新聞 | 2015年7月2日(木) 03:00

 東海道新幹線の車内に火を放った男(71)=東京都杉並区=は年金受給額に不満を募らせ、「年金事務所で首をくくる」と周囲に自殺をほのめかしていた。旧知の女性(68)が1日、取材に明らかにした。神奈川県警は生活苦が動機につながった疑いがあるとみて調べている。複数の知人によると、岩手県から上京後に職を転々とし、流しの歌手として演歌を披露していた時期もあった。

 30年来の知り合いという女性は、同容疑者と顔を合わすたびに「(年金保険料を)35年間支払っているのに、隔月24万円しか支給されない」「税金や光熱費を差し引くとほとんど手元に残らない」と、愚痴をこぼされていた。

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

新幹線に関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング