1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 大動脈の安全に課題 東京五輪控え対応強化の声も

大動脈の安全に課題 東京五輪控え対応強化の声も

社会 | 神奈川新聞 | 2015年7月1日(水) 03:00

 列島の大動脈、東海道新幹線車内で男が油のような液体をかぶり、火を付けた事件は関係者に衝撃を与えた。大量の旅客を輸送し、利便性と正確なダイヤを売りにする一方、荷物検査は行われておらず、危機管理の専門家からは対応強化を求める声も。2020年東京五輪・パラリンピックを控え、テロ対策の観点からも大きな課題が突き付けられた。


▼過去議論も
 鼻を突く異臭、充満する煙。東京から新大阪に向かうのぞみの先頭車両で異変は起きた。後方の車両へ逃げ出す乗客。ある女性は「怖かった」と身を震わせ、言葉を継げなかった。

 JR東海によると、東海道新幹線の1日当たりの平均乗客数は約42万4千人(13年度)。1編成(16両)の定員は1323人で、1時間当たりの運転本数は最大15本に上る。

 国土交通省によると、ガソリンなど可燃性液体の持ち込みは鉄道営業法などに基づき原則禁止されているが、乗客の荷物検査は実施されていない。東海道新幹線では1993年、今回と同様に走行中ののぞみ車内で会社員が刺殺される事件が起きたが、その後も荷物に危険物が混入していないかチェックする体制は取られてこなかった。

 国交省の担当者は「過去に内々で議論したことはあるが、なかなか厳しい」と打ち明ける。混雑する駅で、乗客全員を対象に短時間で検査をするのは難しいためだ。

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

火事に関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング