1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 歩行者はね死なす 分担運転2被告に実刑判決

歩行者はね死なす 分担運転2被告に実刑判決

社会 | 神奈川新聞 | 2015年6月24日(水) 03:00

 アクセルとハンドル操作を2人で分担して乗用車を運転していた際、歩行者をはねて死亡させたとして、自動車運転処罰法違反(無免許、過失致死)の罪に問われた塗装業手伝いの男(22)=横浜市港南区=と作業員の男(23)=同=の両被告の判決公判が23日、横浜地裁であった。足立勉裁判官は塗装業手伝いの男に懲役1年6月(求刑同2年)、作業員の男に懲役2年4月(求刑同3年)を言い渡した。

 判決によると、両被告は昨年5月21日、横浜市港南区の市道で無免許で乗用車を運転、近くに住む女性=当時(76)=をはねて死亡させた。運転席の塗装業手伝いの男がアクセルとブレーキを操作し、助手席にいた作業員の男が手を伸ばしてハンドルを操作していたという。塗装業手伝いの男は普通車免許の取得歴がなく、作業員の男も免許停止処分中だった。

 足立裁判官は判決理由で「異常かつ危険な運転で、取り返しのつかない結果が生じた」と非難した。

自動車運転処罰法に関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング