1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 倉庫出火し新幹線一時運休 平塚

倉庫出火し新幹線一時運休 平塚

社会 | 神奈川新聞 | 2016年12月23日(金) 02:00

東海道新幹線沿線で発生した倉庫火災 =22日午後5時半ごろ、平塚市横内
東海道新幹線沿線で発生した倉庫火災 =22日午後5時半ごろ、平塚市横内

 22日午後4時40分ごろ、平塚市横内で、通行人の女性(51)から「倉庫から煙が上がっている」と110番通報があった。約1時間半後にほぼ消し止められたが、鉄骨平屋建て約600平方メートルを全焼した。東海道新幹線の高架近くで、新幹線は東京-新大阪間の上下線で約2時間にわたり運転を見合わせた。
 
 平塚署などによると、倉庫は建築会社の作業場兼資材置き場。当時複数の作業員がいたが全員無事で、周囲への延焼もなかった。
 
 現場は新幹線高架の東約10メートルの耕作地域。炎は強風にあおられて勢いを増し、10台を超す消防車が消火にあたった。JR職員も駆け付け、緊迫感に包まれた。
 
 JR東海によると、上下線計12本が運休、最大2時間10分遅れ、約16万人に影響した。

火事に関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング