1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 【動画】新横浜駅で地震訓練 首都直下想定

【動画】新横浜駅で地震訓練 首都直下想定

社会 | 神奈川新聞 | 2015年5月30日(土) 03:00

新横浜駅の手前200メートルで緊急停止した想定で避難路を歩くJR東海の社員や誘導に当たる作業員
新横浜駅の手前200メートルで緊急停止した想定で避難路を歩くJR東海の社員や誘導に当たる作業員

 激しい揺れで東海道新幹線が新横浜駅の手前で緊急停止し、上り電車が足止めに-。首都直下地震を想定した災害対応訓練が29日未明、横浜市港北区の同駅で行われた。乗客に扮したJR東海の従業員が軌道脇を歩き、上り電車を折り返し運転に切り替える作業が行われた。

 訓練は午前0時半に始まった。車両の乗降扉が手動で開けられ、線路脇の避難路まで4メートル近いはしごが架けられた。足元を確かめながら乗客役のJR東海の社員130人が降り、投光器の明かりの下、約200メートル先のホームへ歩いた。

 首都直下地震では東京方面の被害が激しく、上り線が足止めされることが予想される。都内からの帰宅客らを新横浜駅を起点に輸送する必要があるという。下り線に切り替える訓練では、駅係員が普段は行わない車内清掃や座席の転換作業に当たった。

 訓練は午前2時に終了。JR東海新幹線鉄道事業本部運輸営業部の古橋智久部長は「今回は新横浜駅だったが、同じ状況は別の駅でも起き得る。課題を持ち帰り、対応能力の向上に努めていきたい」と話した。

防災訓練に関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング